転職のやり方、ステップ・コツをイチから解説

転職活動は、新卒での就職活動と違って、タイミングも進め方も、人によって大きく異なるものです。転職したい理由や、現職の性質などに合わせて、自分なりの転職活動のやり方を考えていく必要があります。とは言え、まずは一般的な転職活動の進め方や、求人の探し方などを把握するのが第一歩です。そこから、自分に合うように調整していきましょう。

 

まずはハローワークや転職サイトに登録しよう

転職活動を始めるにあたってまずやるべきことは、どのような求人があるのか知ることです。実際に応募する求人を探すためというのもありますが、最初は、転職について具体的に考える手掛かりとして見るのが良いでしょう。自分が応募できる求人の仕事内容や雇用条件を知ることで、転職することによるメリット・デメリットを把握しやすくなるはずです。

 

求人を探す際は、ネット上で探すだけでなく、転職サイトやハローワークに登録することをお薦めします。なぜなら、登録者しか見られない求人も多くあるからです。さらに、転職エージェントも多くの非公開求人を抱えています。具体的に転職を検討する段階になったら、いくつかのサイトやエージェントに登録してみると、選択の幅が広がります。

 

また、探す時間が確保できなかったり、具体的な条件が固まっていなかったりという場合は、転職サイト経由でのスカウトを待つという手段もあります。職務経歴書や自己PR等を登録しておくことで利用できるので、どういった企業や職種で自分の経歴が求められているのかを知ることができるでしょう。

 

もちろん、面接に進める可能性も高いので、魅力的な求人があれば、実際の応募も検討する価値があります。さらに、日程が合えば転職フェアに行くのもお薦めです。多くの企業の採用担当者と直接会うことができるうえ、転職に関する講座を受講したり、他の転職者の様子を知ることもできます。半日から1日程度で、転職活動の流れや雰囲気を掴めるイベントです。

 

転職の基本的な流れはどのようになっている?

転職活動にかかる期間にはかなりのばらつきがありますが、目安としては3〜6ヶ月程度です。
情報収集や書類作成に2週間、応募や面接などの行程には1〜2ヶ月がかかります。さらに、内定を獲得し、入社するまでの期間が2〜3ヶ月程度となっています。人によっては、それぞれの過程でより長い時間がかかることもあるでしょう。

 

なお、内定から入社までの期間は、転職先との間で調整して決める場合が大半です。現職の場合は、内定が出た段階で職場と相談し、退職日を調整していくことになります。ただし面接の段階でも、おおよその入社可能日はしばしば問われます。引き継ぎなどにどのくらいの期間がかかるのか、あらかじめ把握しておいた方が良いでしょう。

 

現職ではそのように調整の必要が生じる場面が多いため、離職後に転職活動を行いたいと思われる人も多いでしょう。しかし、転職活動の過程は、やはり現職で働きながら進めていくのが無難です。もちろん、離職したうえで短期集中的に転職活動を行うというのも、一つのやり方ではあります。しかしその場合、どうしても余裕はなくなりがちです。収入がなくなることに加えて、離職期間が長くなると、応募先企業から働く意欲が薄いと見なされることもあり得ます。その結果、前職より条件の悪い企業に転職せざるを得ないことになっては、本末転倒でしょう。満足のいく結果を得るためには、現職のままじっくりと転職活動を進めるのがお薦めです。

 

自分に合った求人を探すには自分の強みをしっかり見つけること

自分に合った求人を探し出し、理想的な転職を遂げるためには、まずはしっかりと軸を定めることが必要です。
「条件の良い企業」といった漠然とした希望しか持っていなければ、求人を見定めることは困難です。まずは、自分が転職によって何を得たいのか、転職によってどうなりたいのかということを、具体的に思い描きましょう。優先順位ごとに希望条件をリストアップしておけば、それぞれの求人がどの程度自分の希望に合致しているのか、客観的に判断することが可能になります。

 

そして、条件だけでなく、本当に自分に合った求人かどうかを見定めるために大切になるのが、自分の強みを把握することです。自分の強みがどこにあるのか、そして、その強みを次の仕事にはどう生かせるのかということを考えることが必要です。これまで、自分の強みをどのように活かしてきた経験があるのかを、しっかり説明できるようにしておきましょう。

 

後悔のない選択のために

以上に挙げたのは一般的な転職活動の流れです。ただし、もちろん例外も数多くあるということは忘れてはいけません。例えば企業から直接スカウトを受けて転職するという場合などは、全く違う流れになるでしょう。色々なケースについて情報を集めて、自分に合った転職のやり方を見つけるようにしてください。

 

人生において大切な選択だからこそ、きっちり情報を集め、準備を重ねた上で動くことが重要になるでしょう。自分の望みに沿った転職を実現させるために、しっかりと情報を集め、後悔のない転職活動に繋げてください。

スポンサーリンク